外国為替と取引手数料

取引業者の種類

FXを扱っている取引業者は、大きく分けるとIB系とPRC系に分類されます。

 

ひとつめのIB系の方はイントロデューシング・ブローカーのことで、ブローカーが投資家の資産管理から売買を行います。

 

IB系の取引会社は、投資家とブローカーの仲介的な役割をします。

 

日本ではFXが解禁されたのは1998年で、まだFXは海外が主流なので、国内のIB系業者は海外の代理店のような立場になっています。

 

もうひとつのPRC系はプリンシパルのことで、取引会社と投資家が一対一での契約をすることになります。

 

投資家の資金管理から売買までを、取引業者自身が管理しています。

 

IB系に比べるとPRC系は手数料などのコストが高くなります。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 包茎 名古屋