外国為替と取引手数料

先日3歳になる子供が鼻かぜを引いたので、小児科に連れて行ったのですが、

幼稚園年長さんくらいの女の子が、ベビーベッドに上がって、ジャンプをして遊んでいました。

 

お母さんが注意してもまったくきかない様子で、はしゃいでいました。

 

たまたま赤ちゃんがいなかったので、その子のお母さんはその子を放っておいたみたいですが、

とても元気に飛び跳ねているのを見て、なんとなく私は気になりました。

 

するとある看護師さんがサっと笑顔で、その女の子のそばに寄ってきて、

こっちに面白い絵本があるよ〜と言い、女の子も読みたい!と笑顔で本のところへ行きました。

 

お母さんもホっとしたような顔をしていました。

 

小児科って病気を治すだけではなくて、

子供の扱いが上手な看護師さんや、お医者様がいると、とても良い気持ちになるもんですね。

 

私はその一場面を見ただけですが、佐野市の内科の看護師さんって、

保育士さんのように、子供の扱いに慣れていないといけないですし、大変な仕事ですよね。

 

改めてここの小児科は、とても良いなぁと思いました。

ひと昔前、車を購入して節税するのが、

流行っている時代がありましたよね。

 

新車から6年たって減価償却費が無くなった時、

車の価値がどんどん値下がりしてしまいますので、

資産としての、価値は低下していきます。

 

いざ現金が必要!となった時に、

売っても価値がない...、では困りますよね。

 

一時回避的な節税の手段としては車を購入するのは、

良いのかもしれませんが、節税の方法としてどうでしょうか。

 

たしかに、節税のために高級車を購入しますので、

高級車に乗っているというステイタスにもなりますが、

節税効果の部分でいうと薄いです。

 

そういったテクニック!的な部分よりも前に、

基本的な部分で、まずは正しい節税を行いたいですね。

 

そのためには、税理士に相談してみるのがおすすめです。

 

基本的な部分の節税であれば、税理士に任せることで、

十分に解決することができます。

 

ちなみに税理士をお探しの際は、

丸亀 税理士事務所も、

そうですが、節税に関する様々な要望に応えられる、

税理士事務所が良いかもしれませんね。

通常の売買(取引)では、まず商品を買って、その商品を買値よりも高い金額で売ることで、差額分を利益として受け取ることになります。

 

しかしFXの場合には、取り扱う商品が貨幣である為に、売り≠ニ買い≠フどちらからでもスタートできる、という利点があります。

 

ちなみに、FXは信用取引の為、差益を出すことで初めて取引が完了します。

 

つまり、買い≠ニ売り≠ヘ1セットだということになります。

 

買う℃謌を行えば、取引を完了させる為には売る℃謌を行わなければいけません。

 

外貨の売買を簡単にいうと、買う≠ニいうことは、自分の国の口座に外貨を入金する、ということになり、売る≠ニいうことは、相手の国の口座に日本円を入金する、ということになります。

FXの取引をするときにかかる手数料には、取引手数料と呼ばれるものと、手数料に近いスプレッドと呼ばれるものがあります。

 

スプレッドとは、そのある通貨の「売値:ビット」と「買値:オファー」の差のことをいいます。

 

スプレッドはFX業者が自由に設定できるようになっていて、何銭のスプレッドをとっているかというのも業者を選ぶことのポイントのひとつになります。

 

勘違いしやすいポイントではありますが、見かけの手数料だけで会社を選ぶのではなく、手数料+スプレッドを頭に入れておくことを忘れないようにして下さい。

 

この両方を踏まえておかなかければ、利益が出たつもりでも実際は利益0あるいはマイナスなどどいう自体も招くことになってしまいます。

 

最近のFX取引き会社は取引き毎の手数料が無料の会社や、一定期間は手数料が無料という会社が増えていています。

 

実際の取引の際には、いくら利益が出れば手数料を引いてもプラスになるのか、を計算しながら取引を行いましょう。

FX取り引き業者選びは、株でいえば証券会社、外貨預金で言えば銀行をそれぞれ選ぶことと同じです。

 

ただこれらと大きく違うことは、FXの場合は倒産リスクを業者によって信託保全と分別保管に分けていることです。

 

前者は信託銀行が倒産リスクをおってくれますが、後者は取引業者の自己責任範疇なので、業者が倒産した場合は預け入れた資金は戻ってこないことが多いのです。

 

IB系では毎週CFTC(米国商品先物取引委員会)への報告が義務付けられていますので、取り扱い業者に対して健全な経営を管理しています。

 

しかしながら海外の業者なので、国内ではなかなか業者の評判などは伝わりにくい欠点があります。

 

円イラストPRC系の場合は日本国内の業者になりますが、手数料などのコストがかさみます。

 

そのため取引回数が多くなると、利益分に対しての影響が高く出てしまいます。

 

ほかにも業者毎にスワップポイントの違い、スプレッドの違い、手数料の違い、レバレッジの違いがあります。

 

出来れば一社に全資金の投入をせずに、複数の取引会社を選んで契約するようにしましょう。

FXを扱っている取引業者は、大きく分けるとIB系とPRC系に分類されます。

 

ひとつめのIB系の方はイントロデューシング・ブローカーのことで、ブローカーが投資家の資産管理から売買を行います。

 

IB系の取引会社は、投資家とブローカーの仲介的な役割をします。

 

日本ではFXが解禁されたのは1998年で、まだFXは海外が主流なので、国内のIB系業者は海外の代理店のような立場になっています。

 

もうひとつのPRC系はプリンシパルのことで、取引会社と投資家が一対一での契約をすることになります。

 

投資家の資金管理から売買までを、取引業者自身が管理しています。

 

IB系に比べるとPRC系は手数料などのコストが高くなります。

為替相場とは円でドルを買い、ドルを売って円を買うことで差額利益を得ることを目的としています。その取引場所として外国為替市場があります。

 

外国為替市場と聞くと証券所のような場所で取引がされていると想像しがちですが、実際には外国為替市場は存在しません。市場として建物や会議所があるわけではなく電話、オンラインを通じて直接通貨を売買するので取引所が存在しないのがその理由です。

 

取引所が存在せず参加者同士で取引をする場合を「相対取引」と呼びます。

 

外国為替市場の中でも有名なのは東京外国為替市場、ニューヨーク外国為替市場、ロンドン外国為替市場の三大市場で, そのほかにも世界主要都市で外国為替市場があり24時間取引可能なのが特徴です。

 

外国為替市場はニュージーランドウェリントン市(午前5時会場)からニューヨーク市場が終了する時間、翌日の朝6時まで続きます。

 

その時間にはすでにウェリントン市の市場が会場してますから、世界中でほぼ24時間取引可能となるわけです。

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 銀座スキンクリニック
  • 脱毛ラボ